みやしんブログ(宮川森林組合)

未来に引き継ぐ豊かな森林。緑の森や林を守り育てる仕事をしています。
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
カテゴリー
最近の記事
過去の記事
三重県大台町
宮川森林組合ホームページ

Odai Shop

大台町

奥伊勢フォレストピア

大杉谷登山センター



大杉谷エコパーク
携帯QRコード
qrcode
リンク集
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 切り捨て間伐・・・ | main | 第一業務課 橋爪です。 >>
シカ問題を考える
2月21日に奈良教育大学にて開催された森林再生支援センター主催のシンポジウム
「シカが森を壊す、山を崩す?」に行ってきました。


シカの食害は森林に関わる人にとって大きな問題となっていますが、
今回のシンポジウムでは、シカの増加がもたらす斜面崩壊が、その地域に暮らす人にとっても脅威となっていることまで含め、今後のシカ対策について講演、議論が行われました。しかし、やはり簡単に答えの出る問題ではありません。

第2業務課が取り組んでいる植栽事業の方は、
ちょうど防鹿柵の設置が完了したところです。
この植栽現場では過去にもいくつかのシカの食害対策を実施していますが、
結果は…


例えば植栽地全体を囲む「ゾーンディフェンス」という方法では、
ネットが破られ、シカ道がはっきり。

過去の失敗を踏まえ、
数年前からパッチディフェンスという方法に切り替えました。


写真のように小さく囲むことでシカの侵入を防ぐことができます。

シンポジウムの講演資料の最後に、
人間社会の急速な変化や単一化の進行が獣害被害の実態であり…
多様性を取り戻すことこそ、最も近道の獣害防止である…
とありました。

今、山で起こっている食害や斜面崩壊の原因が、
私たち人間がこれまで急速に進めた林業にあるとすれば、
私たちが責任をもって、多様な森を再生する方法を
考えていく必要があるのではないかと思います。

第2業務課 中須
| 植栽・地域性苗木 | 20:49 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
この記事のトラックバックURL
http://blog.miyagawa-shinrin.jp/trackback/1261352
トラックバック