みやしんブログ(宮川森林組合)

未来に引き継ぐ豊かな森林。緑の森や林を守り育てる仕事をしています。
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
カテゴリー
最近の記事
過去の記事
三重県大台町
宮川森林組合ホームページ

Odai Shop

大台町

奥伊勢フォレストピア

大杉谷登山センター



大杉谷エコパーク
携帯QRコード
qrcode
リンク集
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 7月、アロマ現地見学と蒸留体験 | main | 7月 水辺のスギ林 〜人工林の静寂に〜 >>
7月、大杉谷登山歩道ボランティア整備(京良谷)

JUGEMテーマ:お出かけ

JUGEMテーマ:癒しとやすらぎの自然・風景

JUGEMテーマ:登山

 

大杉谷は日本三大渓谷のひとつで、

大台ケ原、大峰山、大杉谷ユネスコエコパークの核心地域であり、吉野熊野国立公園の景勝地です。

 

堂倉滝

 

 

大杉渓谷を経て大台ケ原の日出ヶ岳へと至る約14kmの登山道は、

13年前の豪雨災害によって、約10年もの間、通行止めになっていましたが、

3年前に全線が復旧しています。

 

七ツ釜滝

 

 

エメラルドグリーンの渓谷ともよばれるように、

うつくしい水がときには滝となって、流れています。

 

シシ淵

 

 

大杉谷の登山情報を提供したり、大杉谷登山歩道の維持管理を行っている

大杉谷登山センターでは、定期的に、

大杉谷登山歩道のボランティア整備プロジェクトを開催しています。

 

ということで、

7月8日、9日に開催されたボランティア整備に参加してきました!

 

 

〇大杉谷へ

 

大杉谷登山道の入口付近は、大きな一枚岩をくり抜いて作られています。

いきなり、鎖場や崖っぷちを歩くことになり、ここが中級登山道であることを実感させてくれます。

 

大杉谷

 

 

おそらく何百年か前に岩が崩落してきた場所も。

 

大杉谷

 

 

足元を気にしなくてよい川原にでるとほっとします。

歩いてきた斜面を振り返って。

 

大杉谷

 

 

大杉谷

 

 

川原には、大きなけやきがたたずんでいました。

けやきの樹皮がはがれた部分にみられる、特徴的な模様です。

 

けやき

 

 

今回の作業場所は、京良谷付近なので、シシ淵や滝までは行かないのですが、

こうして、ときおり見下ろす川の水は、ほんとうにうつくしいエメラルドグリーンです。

 

大杉谷

 

 

苔むした石がうつくしい場所も。

こういう場所には水道(みずみち)があり、水蒸気が発生していて、いつも潤っています。

 

大杉谷

 

 

〇作業場所へ

 

こちらが今回の作業場所。

崩落している部分をぐるっと迂回して、階段をつけます。

 

大杉谷

 

 

作業場所を確かめます。

 

大杉谷

 

 

作業道具は各自、手分けして持っていきましたが、階段の材料は現地調達します。

適当な倒木を刻んでいきます。

 

大杉谷

 

大杉谷

 

 

楔を打ち込んで縦割りに。

 

大杉谷

 

 

こうして、チェーンソーと楔で、どんどん杭や横木を作っていきます。

 

大杉谷

 

 

作った杭を打ち込み、横木を置き、番線で固定し、川原から拾ってきた砂利を敷き詰めて、、、と、

現地調達した自然の材料を中心に、階段を作っていきます。

 

大杉谷

 

 

半日ほどの作業時間では、階段を完成させることはできませんでしたが、

登山道というものについて、いろいろと考えさせられる時間でした。

 

多雨地域である大杉谷は、長い年月をかけて、雨や風、川の流れや岩石の崩落など、自然の力で渓谷美が形成されてきた場所です。

 

登山道は、そんな自然の懐へ、人間が踏み込むことができる大切な道。

登山道も大杉谷の一部なので、当然、風雨や台風や影響を受けて、傷んだり劣化したりします。

登山道の周辺が崩落することもあります。

 

自然の材料で、自然の立地を活かして、必要以上に景観を損なうことなく、そして安全に、

いろいろなことを考えながら、整備されているのだなあ、と。

 

登山は、基本的には、入場料も通行料もいらない、

自然に親しみ、自然を満喫するレクリエーションかもしれない、

 

けれども、

山を、人間が、安全に無理なく歩行できるようにするには、十分な整備が必要で、

しっかりと人の手がかけられているのだなあ、と。

 

この大杉谷は、国立公園であり、国有林もある地域で、登山歩道の整備が行われているけれども、

いろいろな理由で、整備ができなくなって廃れていく登山道もある。

 

登山をレクリエーションとして楽しんでいくためには、登山者側も、登山道の維持管理といった作業が行われていることを、知っておく必要があると感じました。

 

 

大杉谷

 

 

帰り道でも、やっぱりうつくしい、大杉谷の川面。

 

 

 

大杉谷

 

ここでも青々と生き生きとしているカエデたち。

 

大杉谷

 

 

大杉谷をあとにして立ち寄った滝の水面。

 

ユネスコエコパークの町、三重県大台町、

大杉谷がある宮川上流域の川の水は、どこも、透明でうつくしいです。

 

滝

| 地域情報 | 13:33 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
この記事のトラックバックURL
http://blog.miyagawa-shinrin.jp/trackback/1279700
トラックバック