みやしんブログ(宮川森林組合)

未来に引き継ぐ豊かな森林。緑の森や林を守り育てる仕事をしています。
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
カテゴリー
最近の記事
過去の記事
三重県大台町
宮川森林組合ホームページ

Odai Shop

大台町

奥伊勢フォレストピア

大杉谷登山センター



大杉谷エコパーク
携帯QRコード
qrcode
リンク集
その他
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 9月 初秋の大台ケ原を歩く | main |
10月 伊勢内宮 おかげ横丁の実生栽

JUGEMテーマ:自然風景

JUGEMテーマ:苔盆栽

JUGEMテーマ:園芸・花木

JUGEMテーマ:盆栽

JUGEMテーマ:家で植物を育てよう

 

 

実生栽は、地域性苗木のうち、発育状況がいまひとつのもの、枝ぶりがユニークなものを小さな鉢に植えたミニ盆栽です。

苗木にあった土づくりをし、苔で土の表面を覆って保湿に配慮しています。

 

実生栽

 

たくさん採った種から芽吹いた仲間の苗木たちは、いずれ植栽によって山に還り、森へと育っていきます。

 

なんとなく、森の一部が、身近にあるようなかんかく。

 

盆栽という扱いのため、針金をまいて枝ぶりや見栄えを調整することもあるのですが、基本的にはあまり作り込むことなく、自然に近い形で、「森の一部」をご自宅で・・・というのがコンセプトです。

 

もちろん、

大台町の森といっても、宮川の中流域から、大台ケ原の手前の標高約1600m程度までのさまざまの場所がありますので、もともとは標高の高い場所に生育する樹木の苗木もあります。

 

「実生栽」として販売する際には、1つ1つの苗木の生育条件をご説明できていないのが現状ですが、適度の太陽の光と風(空気の流れと寒暖差)と、水があれば、基本的に、そこそこ生きながらえてくれるものかと思います。

 

 

こちらの実生栽を、この夏ごろから、伊勢内宮のおかげ横丁にある「伊勢路栽苑」さんで展示販売していただいています。

(伊勢路栽苑スマートフォンサイト

 

伊勢路栽苑では、盆栽や山野草などの植木が展示販売されています。

観光客が多い伊勢という土地柄、東京方面のお客さまがご購入くださることも多いとか。

 

伊勢路栽苑は、神宮会館のほん近くあります。

 

 

伊勢路栽苑

 

 

お店の入り口にかかる看板。

 

おかげ横丁

 

 

まだオープン前の店内にはいると・・・

 

おかげ横丁

 

 

正面にはこんな感じで、堂々とした盆栽がならんでいます。

 

その奥に、

 

盆栽

 

 

実生栽がならんでいるコーナーがあります。

 

実生栽

 

 

大台町苗木生産協議会のかたが、1ヶ月に1回、商品の入れ替えをしにいっておられます。

 

実生栽

 

 

こちらは、実生栽の前にある盆栽だな。

かわいらしい根株がなんともいえない味わいです。

 

盆栽

 

 

大台町(旧宮川村域)より伊勢の方が標高が低くあたたかいので、大台町ではすでに紅葉がはじまっている実生栽も、こちらではまだ緑色です。

 

アオダモ

 

 

カエデたち

 

 

みずみずしく、おおらかな印象のコナラ。

 

コナラ

 

 

 

こちらが大台町からもっていったヒメシャラ。

紅葉がはじまっていてうつくしいです。

 

ヒメシャラ

 

 

ひとくちに実生栽といっても。

発芽するまでに3年程度かかり、ここまでに育つのに、7〜8年かかっている苗木もあります。

 

広葉樹(落葉樹)の苗木は、冬には葉が落ちて枝だけとなり、見た目は淋しくなってしまいますが、春になるとまた、やわらかい若葉がゆっくりと芽吹いてきます。だんだんと葉っぱが成長していくさまは、なんとも愛らしいです。

 

初々しい新緑のころの苗木がならぶ苗畑は、みずみずしい新緑の山のように、とてもさわやかで和やかです。

秋になると、苗木たちはそれぞれの秋の装いへと紅黄葉していき、常緑の針葉樹の緑とあいまって、とてもにぎやかで色彩豊かな苗畑になります。

 

こうして何回かの四季を過ごした苗木が、実生栽としてこちらに並んでいます。

 

 

 

入れ替えたあとの状態です。

 

紅葉がはじまっている実生栽が彩をそえています。

伊勢路栽苑の実生栽の棚にも、ほんのり秋がやってきました。

 

実生栽

 

 

 

月に1度の入れ替え作業を終えて。

 

大台町苗木生産協議会

 

 

 

 

大台町苗木生産協議会

 

 

 

伊勢から大台町へと帰ってきて、せっかくなので、地域性苗木の苗畑を見学させていただくことにしました。

以前、アロマの現地見学で見学させていただいた場所とは別の苗畑です。

 

 

苗畑にも秋がやってきています。

 

苗畑

 

 

こちらのウリハダカエデの紅葉はまだ先でしょうか。。。

 

苗畑

 

苗畑

 

 

にぎやかなコナラ。

 

苗畑

 

苗畑

 

 

いろんな種類の苗木が、整然とならんでいます。

 

苗畑

 

苗畑

 

苗畑

 

 

蒔かれてからまだ日が浅い苗木も。

 

苗畑

 

 

こちらは、常緑樹の実生栽をあつめたコーナー。

 

実生栽

 

 

 

 

広葉樹の森づくりにはかかせない、地域性苗木。

その一部を一般向けに商品化した「実生栽」。

 

山のものを身近においていただくことで、森づくりの一端を感じていただければ、と思います。

 

 

それでは、

伊勢におこしの際には、ぜひ、おかげ横丁にある伊勢路栽苑さんの実生栽のコーナーにもお立ち寄りください。

 

実生栽

 

ただいま秋バージョンの森になって、お待ちしています木

 

 

| 植栽・地域性苗木 | 15:55 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
この記事のトラックバックURL
http://blog.miyagawa-shinrin.jp/trackback/1279710
トラックバック